FC2ブログ

HAIR SITE MOTHER+MOTHER





ちょっと西の国から ~帰郷~ :: 2011/09/01(Thu)
半年程ぶりに実家に帰ってきました。

 ひさしぶりに見る地元の景色はあいも変わらず昔のままで特にこれといって

発展した感もなく愛すべきワンパターンな光景にホッと安堵しました。

 この度の帰郷の目的は母親に”ボリュームアップ エクステ”のモデルに

なってもらうためのものであり、詳しい詳細は”エクステ ブログ”のほうを見て

頂ければ幸いです。

 さて最近忙しさにかまけて、母親の髪の面倒サボっていたので、あらためて見て

随分髪細くなったなと少しさみしく思いました。


 施術も終わり一回でやりきれなかったところを”近々やりにくるよ”と次回の

帰りを約束しつつ、いつもの如く少なからずの小遣いを置いていこうとしたら断わられた。

 『かあちゃん、最近仕事いっぱい、はいっとるで逆に小遣いやろか?』 と母、

 『いらんは!』 と僕。

 なんとも照れくさく足早に家を出た。(このへんの感情解ってもらえるでしょうか?)

 確かに母親というのは特別な存在である。

特に離れて暮らしていると、いつもと違うほんの小さな言葉のやりとりに

”ハタ”とさせられる。


 むかし、結婚をまじかに控えたウチのスタッフに、こんな事を聞かれた。

 『男ってみんなマザコンなんですか?』

 『う~ん、かなぁ~?』 とその時は曖昧な回答しかできなかった。

しかし今はもう少しマシな回答ができるかも。

子供時代、テレビや本で、見るものすべてが真実だったころ、怪獣や宇宙人達から

守ってあげなきゃ、と初めて想わせられる存在。言い換えるなら

『男ってぇ~モンはなぁ~強くならないかん』と初めて教えてくれる存在。

しかしてその教えはいくつになっても消えはしないものなり。

 まぁ、インターネットという文明のリキを使えぬ母親ゆえに書けることだが。

今回のエクステ、母は大変気に入ったらしく、そりゃ~もう大喜びで、こっちも

それじゃ~って、調子に乗って次回の帰郷がすごく早まりましたとさ。

 オフクロ、おそるべし。

  1. ゆうさん